• 中性脂肪と脂質の摂取量について

    私たちの血液中にある中性脂肪は、遊離脂肪酸やコレステロール、リン脂質など同じく脂肪を構成しており、食事で脂質の摂取量が多くなると中性脂肪が増加し、悪玉コレステロールも増えます。

    脂肪類が血管内部に増加すると、血管の老化と言われる動脈硬化の状態となります。そして、血管内に傷ができるとコレステロールなどの脂肪分が堆積し、血流の流れが滞る血栓となります。
    主要な細胞へ酸素供給が困難となり心筋梗塞脳梗塞などの危険な疾患となってしまいます。

    生活習慣病検診(メタボリック健診)の重要性

    危険な状態になる前に、メタボリック健診などで中性脂肪の数値や悪玉コレステロールの数値が上昇していないかを常にチェックすること。中性脂肪の数値が高くても問題なく生活できるため、生活を改善せずに放置する方が多くいます。

    中性脂肪の数値が高い状態で生活を続けていると、血圧の上昇に伴い血糖値も上昇、悪玉コレステロールを増加させるため、高血圧や高血糖(糖尿病)に加えてメタボリックシンドローム虚血性心疾患となります。

    虚血性心疾患を回避するために

    虚血性心疾患は心臓を動かすための筋(心筋)への血液の通り道(冠動脈)に脂肪分が堆積して血流量が減少、心臓へ酸素が供給出来なくなる危険な疾患です。

    常に日本人の死亡原因の上位にくる心筋梗塞脳梗塞などは、血管の中に脂肪が蓄積してしまう動脈硬化が影響しています。動脈硬化になる根本的な原因は、中性脂肪の数値が高い状態であるにもかかわらず、何も対策をせずそのまま生活を続けてしまうことです。

    中性脂肪を下げる食品はDHAとEPAです

    中性脂肪の数値を下げるための対策は食事療法が最も効果が高く、高カロリーな食事(肉類や乳製品、炭水化物など)の摂取量を減らし野菜類、海藻類、穀類を中心にします。

    そして最も中性脂肪を下げる食品は魚です。魚に含まれる DHA:ドコサヘキサエン酸や EPA:エイコサペンタエン酸が有効であり、ブリイワシサバサンマアジ等の青魚に多く含まれます。

    DHAとEPAは加熱すると減少するため 生の状態(刺身)で食べるた方が良いのですが、青魚は最も傷みやすい魚なので、安定して摂取するには(錠剤などの)特定保健用食品を利用します。